作成者別アーカイブ: suzukishika

75歳以上の医療保険料の軽減率が変わります(厚労省より)

厚生労働省のホームページからです。

-------------------------------

全ての方が安心して医療を受けられる社会を維持するために、高齢者と若者の間での世代間公平や、高齢者間での世代内公平が図られるよう、負担能力に応じたご負担をいただく必要があります。

そのため、平成29年4月から、後期高齢者医療の保険料軽減特例を見直します。

(↓ポスターです)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000171932.pdf

Q)こどもの歯みがきで,歯みがき剤は必要ですか?

歯みがき剤は、基本的には 必要のないものです。
発泡剤等、磨くのに邪魔になる物が 含まれているからです。
何もつけずに食後に素で磨いてれば、問題ありません。
ただ、磨くのを嫌がる子に モチベーションを上げるのに使うのは、良いかと思います。
(鈴木)

子供の歯磨き中の喉突き事故に気を付けて!(消費者庁より)

6歳以下の子供の事故が多数発生しています。

子供が歯ブラシを口にくわえたまま、又は手に持ったまま動き回ることで、「歩いて転倒」、「ソファなどから転落」、「人にぶつかる」、といったことを要因として、歯ブラシで喉を突くなどの事故が起きています。中には、歯ブラシの先端が口の内壁等に刺さり入院したという報告もあります。特に、事故が多い1歳から3歳頃までの子供が歯磨きをする時は、次のことに気を付けましょう。

・保護者がそばで見守り、床に座らせて歯磨きをさせる。
・子供に歯ブラシを口にくわえたり、手に持たせたりしたまま歩き回らせない。
・喉突き防止カバーなどの安全対策を施した子供用歯ブラシを選ぶ。
・保護者が仕上げ磨きをする際は、子供用歯ブラシはきれいにする効果が不十分なため、仕上げ用歯ブラシを使用する。ただし喉突き事故のおそれがあるため、子供には持たせない。

虫歯予防などのため、歯磨きは大切な生活習慣ですが、子供に思わぬけがをさせないよう注意しましょう。また、箸やフォークを使う時も喉突き事故に気を付けましょう。

くわしくは、消費者庁ホームページまたは消費者庁NEWS Releaseをご覧ください。